性器カンジダ症は性行為でも感染するので症状が出てる間は性行為非推奨+ニゾラールクリーム推奨

性器カンジダ症は性行為でも感染するので症状が出てる間は性行為非推奨+ニゾラールクリーム推奨

性器カンジダ症のことをよく調べていくと、日和見感染と言って自然治癒を期待する事ができる、性病ではあるが、性行為による感染ケースはそれほど多くはなく、性感染症の中でも自己で感染シてしまうケースが多いと言うことがわかるのですがそれを誤った認識として捉えないようにしましょう。

■性行為で絶対感染しないわけではない
性交による性器カンジダ症の感染、というケースは少なく5%程度が全体の性器カンジダ症患者の感染原因です。そうなると、それなら性行為では感染しないのかというとそういうわけではありません。

あくまで、性行為による感染原因で症状が発生するというケースが少ないだけであって、性行為でも感染することはするんです。

5%は実際にいるわけですからリスクがないわけではないんですね。

■感染中の性行為はNG
つまり、ここでおかしな認識をする人は性器カンジダ症は性行為では感染しにくいんだから、性器カンジダ症になっても性行為をしてもいい、という曲解をしてしまうこともあります。

あくまで原因になるケースが少ないだけで性器カンジダ症は性行為でも感染しますし、その状態で性行為をすると痛みを感じたり症状を悪化させてしまうケースの方が圧倒的に多いんですね。

なので、性器カンジダ中は性行為は絶対にしてはいけません。

■パートナーと一緒に治療しよう
なので、特定のパートナーがいて性行為をしている間柄である人がいるのならば、念のため性器カンジダ症が発症シてしまった場合は、パートナーと一緒に治療をしましょう。

特に、パートナーの男性が包茎の場合やステロイド剤などを使用していると感染率がグッとあがりますので、一緒に治療をすることをオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加